CJ Nelson Classic -EPS TEST-20140517 Kamakura Yuigahama

CJ Nelsonのクラシックノーズライダーは、ちょっとショルダーが張ってくれる波なら誰でもノーズライド出来るくらい簡単にノーズライドが出来てしまうモデルである。

しかし、日本の場合ビーチブレイクなので変化が早く短い波が多いので、細かいトリミングが、ハングファイブ、ハングテンをするにあたり重要である。

ビーチブレイクでのトリミング性能を高める為に、軽いCJ ClassicをEPSでボブピアソンに単での削ってもらった。

めちゃくちゃ軽いんだけど、見た目は完全にクラシック!

オリジナルスペックの厚みは3インチだけど、EPSなので2.3/4と少しだけ薄く目にシャイプを頼んだ。

これちょっと凄いかも、、、ウェイブキャッチは凄い早さだけど、それはオリジナルも一緒。一番違うのは、オンショアでもトリミングがしやすいのでちょいちょいっとトリミングして、ノーズセクション作ると簡単にノーズで走ってくれます。

昨日は、鎌倉由比ガ浜で柔らかーい腰波でノーズ三昧、今日は南総平砂浦の、すね波でノーズライド!

やはり、このサーフボードアウトライン、ロッカーライン、レール、ボトム、全て凄く機能することを再確認。

次は、胸頭サイズのショルダー張る波でテストしてみよう♪S__11649036

 

クラシックなアウトライン、レール、ボトム、ロッカー全て計算されているサーフボードだと再確認しました。凄いっす!

S__11649031

 

昨日の由比が浜はこの波に何人テイクオフ?って位混んでた。写真 1

 

富士山が素晴らしい。この画像は、湘南ではなく館山平沙浦。

 

関連のあるページ:

Tweet about this on TwitterShare on Facebook3Share on Google+0Pin on Pinterest0