CJ NELSON CLASSIC NOSERIDER(ARROW SURFBOARDS)

究極のロングボーディングスタイルを表現するサーフボード!
・重いシングルフィンログをコントロールし、ログでしか出来ないハングテンを喜びとするスタイル。これこそまさにクラシックロングボーディングスタイルであろう。そのスタイルを表現するには、こんなサーフボードでしかあり得ない!

CJ NELSON CLASSIC NOSERIDER

あのJoel Tudorにして、「世界で一番ノーズライドが上手なサーファー」と言わしめた、CJ NELSONのシグネチャーモデルである。ARROWの総帥シェイパーであるBob Pirsonと一緒に、Santa Cruzのノーズライダブルな波でスペシャルノーズライダーを開発したのがこのモデルである。究極に行き着いていると言っても過言ではないほどの、ノーズライド性能を備えたサーフボードである。

arrow_013_01

トラディショナルなポリエステルフォームにボランクロスとグロスポッリッシュフィニッシュにより、重く仕上げられたサーフボードは、その自重により慣性を増し、一度ついたスピードはそう簡単に落ちることはない。
そのスピードは、揚力となり、サーフボードをどんどん浮き上がらせる。そして波のフェイスにぴたりと張り付くノーズからテールまでのアウトラインとナイフィーな50/50レールがサーフボードに水の抵抗を与えず、突き進んで行く。ワイドなサーフボードはクロスステップでノーズに向かうのに安定感を与え、波の高い位置にセットしたら簡単にノーズに指がハングする。そして、ノーズ側のロッカーラインとボトムに計算しつくされシェイプされたコンケーブが簡単にダウンザラインせずに、ノーズをどんどん波のラインを上げて行く。長いティップタイムをプレゼントされると、更にノーズが波からはみ出したら、両足の指をノーズにハングする。ハングテンの完成である。テールにシェイプされた、キュッとそり上がったテールロッカーとボトムから巻き上げられたテールエンドのレールが水を巻き込み、テールをしっかりホールドし続けてくれる。そのおかげで長いハングテンが可能になるのである。ハイパフォーマンスサーフボードとはシェイプ理論が全然違う。まさに、ノーズライドをする為のサーフボードなのである。

http://www.psc-longboard.com/web/surf/arrow.htmlPic277c77a4_14d0ae0d0e0ef4b550dc8908dd01973c.jpg_srz_600_479_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srzCJのノーズコントロールは芸術である!

 

 

18

BOB PEARSON と CJが開発した究極のNOSERAIDER LONGBOARD12

このNOSE CONCAVEが良いリフトアップをしてくれる

14このテールキックとボトムから巻き上がるレールが波をホールドしてくれる

 

関連のあるページ:

Tweet about this on TwitterShare on Facebook3Share on Google+0Pin on Pinterest0