「Surfboards&Gear」カテゴリーアーカイブ

Mini Simons 小波最強

東うねりの全くだめな、鎌倉を久しぶりに出て大磯まで足を伸ばしてみた。超膝サイズの小波だったので、10ftロングでもやろうかな〜と思ったら友人がMini Simons5’7を引っ張りだしたので、僕も同じくMini Simons5’5を引っ張りだし、ワックスアップ!ゲンジ一番左の岩の裏から割れるライトブレイクのピークから乗ると意外に走れる走れる、クローズセクションはふわりとフロータフィニッシュ。な〜んて出来ちゃう、小波最強なことを再認識!

レールさえ使えれば、頭サイズのメーローウェイブでは凄く楽しく気持ち良いFlowが味わえるMini Simons…やっぱり良いね!♪

FullSizeRender

California Fish Surfboards

original_k6a
Pacific Surf Craft 6’0-Shaped by PB.

FISH(フィッシュ)って、とろめの膝から頭サイズくらいの波のフェイスでSPEEDを出しやすいので、途切れないラインでインサイドまでつなぎやすいので、とにかく楽しい♪

Arrow Surfboards-S-SizePhoto 054
3Dimention 5’7-Shaped by Eishin.

小波の多い日本のビーチブレイクや、リーフのポイントブレイクで、いつも楽しめるサーフボードはフィッシュかもしれません。

Fish(フィッシュ)を削るシェイパーは、サンタクルーズのレジェンドシェイパーBob Pearson(ボブ ピアソン)、3Dimention Surfboards のKoji CoCo Kamata & Eishin Sato、1970年代からハワイタウンアンドカントリーでシェイプしてきて、現在はサンディエゴで活動しているPeter Benjamin(ピーターベンジャミン)がそれぞれのサーファーのスタイルに合わせたサーフボードを削ります。

Arrow Surfboards-S-SizePhoto 055
ARROW SURFBOADS 5’7-Shaped by Bob Pearson.
IMG_3382
Vagabond Surfboards 5’10-Shaped by Koji CoCo Kamata.

どれも、とにかくSPEEDが素晴らしいサーフボードです。サーフィンはSPEEDです。SPEEDは楽しいです♪

お問い合わせは、

hello@vagabond-surf.com

URL↓

http://psc-longboard.com/index.html

original_k6iIMG_3382original_k6a
IMG_3382
Arrow Surfboards-S-SizePhoto 055 Arrow Surfboards-S-SizePhoto 054

 

CJ NELSON HIGH PERFORMANCE(ARROW SURFBOARDS)

CJが開発するとハイパフォーマンスサーフボードはこうなる
・世界的なノーズライダーであるCJ NELSONは、クラシックノーズライドで有名であるが、実は素晴らしいオールラウンドサーファーでもある。ぱきぱきのショートボードから、クラシックフィッシュ、勿論10サイズの大きなクラシックロングボードまでどんなサーフボードでも凄いライディングをする。そのCJがハイパフォーマンスロングボードを開発すると、こういうサーフボードになるのだとわからされる。
CJ NELSON HIGH PERFORMANCE
01
02
ロッカーは、極端につよいハイパフォーマンスロッカーではなく、どんな波でもコントロールしやすいオールラウンドロッカーである。ボトムには、ノーズコンケーブからダブルコンケーブVを施している。特筆なのは、レールであろう。テールエンド側には、しっかりとエッッジを付けているが、そこからノーズに向かい一気にソフトレールになって行く。テールエンドはレール厚みも強いテーパーで薄く鋭くなっており、ボトムのダブルコンケーブ、そしてスタビライザーフィンもあって、波の切り立ったきわどいセクションも全く不安無く、切れの鋭いターンを可能にしてくれる。そして、ノーズに向かうとハイパフォーマンスとしてはびっくりする安定感とスムースなノーズコンロールが可能なのである。ラディカルなテールサーフィンも楽に出来ながら、ノーズライドでのコントロールがこんなに楽なサーフボードは、他にどれくらいあるのだろうか。厚みと、幅の調整でどんなサーファーでも楽しめるハイパフォーマンスロングボードになることは間違いない。
51Jlw7IZBiL
是非、このDVDをご覧下さい。CJは凄いオールラウンドサーファーです。クラシック&ノーズライドが有名ですが、ハイパフォーマンスロングボーディングの切れ、技をスタイリッシュに決めちゃいます。だからこそ、このモデルが生まれるのです。
09 11 10

CJ NELSON CLASSIC NOSERIDER(ARROW SURFBOARDS)

究極のロングボーディングスタイルを表現するサーフボード!
・重いシングルフィンログをコントロールし、ログでしか出来ないハングテンを喜びとするスタイル。これこそまさにクラシックロングボーディングスタイルであろう。そのスタイルを表現するには、こんなサーフボードでしかあり得ない!

CJ NELSON CLASSIC NOSERIDER

あのJoel Tudorにして、「世界で一番ノーズライドが上手なサーファー」と言わしめた、CJ NELSONのシグネチャーモデルである。ARROWの総帥シェイパーであるBob Pirsonと一緒に、Santa Cruzのノーズライダブルな波でスペシャルノーズライダーを開発したのがこのモデルである。究極に行き着いていると言っても過言ではないほどの、ノーズライド性能を備えたサーフボードである。

arrow_013_01

トラディショナルなポリエステルフォームにボランクロスとグロスポッリッシュフィニッシュにより、重く仕上げられたサーフボードは、その自重により慣性を増し、一度ついたスピードはそう簡単に落ちることはない。
そのスピードは、揚力となり、サーフボードをどんどん浮き上がらせる。そして波のフェイスにぴたりと張り付くノーズからテールまでのアウトラインとナイフィーな50/50レールがサーフボードに水の抵抗を与えず、突き進んで行く。ワイドなサーフボードはクロスステップでノーズに向かうのに安定感を与え、波の高い位置にセットしたら簡単にノーズに指がハングする。そして、ノーズ側のロッカーラインとボトムに計算しつくされシェイプされたコンケーブが簡単にダウンザラインせずに、ノーズをどんどん波のラインを上げて行く。長いティップタイムをプレゼントされると、更にノーズが波からはみ出したら、両足の指をノーズにハングする。ハングテンの完成である。テールにシェイプされた、キュッとそり上がったテールロッカーとボトムから巻き上げられたテールエンドのレールが水を巻き込み、テールをしっかりホールドし続けてくれる。そのおかげで長いハングテンが可能になるのである。ハイパフォーマンスサーフボードとはシェイプ理論が全然違う。まさに、ノーズライドをする為のサーフボードなのである。

http://www.psc-longboard.com/web/surf/arrow.htmlPic277c77a4_14d0ae0d0e0ef4b550dc8908dd01973c.jpg_srz_600_479_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srzCJのノーズコントロールは芸術である!

 

 

18

BOB PEARSON と CJが開発した究極のNOSERAIDER LONGBOARD12

このNOSE CONCAVEが良いリフトアップをしてくれる

14このテールキックとボトムから巻き上がるレールが波をホールドしてくれる

 

IRAKO LONGBOARD CLASSIC 2012

今回もアメリカからパフィシックサーフクラフトの先輩ライダーが来日し、伊良湖ロングボードクラシックに参戦しに行った。

本当に、楽しい大会であるため、スポンサーとさせてもらっている。

今回、僕はセミファイナルで敗退したけど、ヒデさんは、見事ファイナル進出&優勝であった。

ARROW SURFBOARDS使用での優勝であった。

波サイズもオーバーヘッドと十分サーファーの実両区を発揮出来る波での大会は楽しい♪

 

2015年 初サーフィン

2015 初サーフィン

今年の初乗りは、箱根駅伝と初詣、交通規制による混雑を避けて、波のある鎌倉から南総 平砂浦へ同級生と3人で初乗りに!

空いている!平砂浦画像は曇っているけど、晴れて、房総半島から富士山を望める気持ちよいサーフィン!アメリカに住む、同級生も合流し、3人で待ったりサーフでした。

翌日も、同じメンバーでホーム鎌倉 由比ガ浜でロングボードをしてから、ショートボードをしに七里ケ浜へ!波は厚めだったので小波用の古いEPSフィッシュとPOLY Vagabond 5’9”の小波用ショートボードでロングライドの出来るメローウェイブでした〜

それにしても、富士山頂に雲もかからない素晴らしい天気のした、気持ちよい波乗りをさせて頂きました〜ありがとう♪

今年も、宜しくお願い致します!

Pacific Surf Craft.

CJ Nelson Classic -EPS TEST-20140517 Kamakura Yuigahama

CJ Nelsonのクラシックノーズライダーは、ちょっとショルダーが張ってくれる波なら誰でもノーズライド出来るくらい簡単にノーズライドが出来てしまうモデルである。

しかし、日本の場合ビーチブレイクなので変化が早く短い波が多いので、細かいトリミングが、ハングファイブ、ハングテンをするにあたり重要である。

ビーチブレイクでのトリミング性能を高める為に、軽いCJ ClassicをEPSでボブピアソンに単での削ってもらった。

めちゃくちゃ軽いんだけど、見た目は完全にクラシック!

オリジナルスペックの厚みは3インチだけど、EPSなので2.3/4と少しだけ薄く目にシャイプを頼んだ。

これちょっと凄いかも、、、ウェイブキャッチは凄い早さだけど、それはオリジナルも一緒。一番違うのは、オンショアでもトリミングがしやすいのでちょいちょいっとトリミングして、ノーズセクション作ると簡単にノーズで走ってくれます。

昨日は、鎌倉由比ガ浜で柔らかーい腰波でノーズ三昧、今日は南総平砂浦の、すね波でノーズライド!

やはり、このサーフボードアウトライン、ロッカーライン、レール、ボトム、全て凄く機能することを再確認。

次は、胸頭サイズのショルダー張る波でテストしてみよう♪S__11649036

 

クラシックなアウトライン、レール、ボトム、ロッカー全て計算されているサーフボードだと再確認しました。凄いっす!

S__11649031

 

昨日の由比が浜はこの波に何人テイクオフ?って位混んでた。写真 1

 

富士山が素晴らしい。この画像は、湘南ではなく館山平沙浦。

 

CJ NELSON NOSERIDER

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=jI8UyQv0tpk[/youtube]

California Santa Cruzで生まれ育ったCJ Nelsonは、幼少期よりARROW SURFBOARDSの総帥Bob Pearsonよりスポンサートされ現在ノーズライダーとして世界一とも言われている。スクリーンショット 2013-05-16 16.19.40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのCJのノーズライドを磨き上げてきたCJシグネチャーモデルがCJ NELSON NOSERIDERなのだ。

IMG_3687

レフトハンダー(グーフィーフッター)である彼のホームポイントは、エクセレントなライトブレイク(レギュラーブレイク)で有名なプレジャーポイントであるためか、スウィッチスタンスでのノーズライドもレギュラーフッター???と思ってしまうほどである。

まあ、彼にとっても左も右も、前も後ろもあまり関係ないのかもしれない。

一時期は、南カリフォルニアに居を移して生活をしていたが、現在はホームのサンタクルーズに戻っている。

プレジャーポイントから歩いて3分くらいの場所にある、かわいいサーフハウスに住んでいる。

外シャワー、BQQ用の庭、サーフボードラック等、サーフハウスとしての設備は完璧だ。

何と言っても、歩いてすぐの場所がプレジャーポイントと言うのであるから、サーファーにとってこのような家は、誰もが憧れるほど羨ましいサーフハウスであろう。

ARROW画像013

CJ1

 

 

 

 

 

 

 

 

そのCJ ネルソンのシグネチャーモデルのノーズライダーは、ノーズライドを極める為のスペシャルシェイプになっている。

L9’4~10’00 NW19.7/8 W24 TW16.7/8 Th3

arrow_013_01

 

 

 

 

アウトラインは、このスペックの通りノーズからテールまで幅があり、直進性能に優れ、安定したノーズライディングが可能。

特にテールの幅があることで、テールをホールドしてくれるため長いTip Timeを可能にしてくれる。

また、テールをホールドする為のスペシャルチューニングが、テールロッカーとテールのボトムとレールに施されている。

10 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアッパーレールとテールロッカーが水を巻き込み、しっかりとホールドしてくれるため、ノーズがどんどん上に上がり、安定した長いノーズライドを可能にしてくれる。

08

 

 

 

 

 

 

 

また、ノーズまで50/50レールになっているため、波のフェイスにはじかれずにレールが入るため、スムースでスピードが乗り安定する。

IMG_3718そして、このノーズコンケーブがノーズをリフトアップすることで安定したノーズライドとなることと、ノーズに居ながらにしてサーフボードのレールオンオフ等で波の上下をコントロールし、波に対しての角度をコントロールしやすいようにシェイプされている。

クロスはボランクロスで巻いているので重さがあり、サイズにもよるが、通常8.5kg〜9.0kgである。この重さが、推進力となりスピードが出て、揚力が上がりノーズに乗ってもどんどん進んで行くためノーズライドがしやすくなる。

しかし、走りすぎてノーズライドセクションを逃してしまわないようにサーフボードポジションをセットしなければならない。

CJ ネルソン ノーズライダーモデルをショルダーの長い波に持ち出せば、それはそれは気持ちのよいノーズライドを体験できることでしょう。

本物のクラシックライドをしたいサーファーの為のサーフボードなのです。

*ARROW SURFBOARDS↓

http://www.psc-longboard.com/web/surf/arrow.html

2014年2月入荷しました。

IMG_3645 ARROW STOCK201402047 ARROW STOCK201402052

 

 

 

 

 

ARROW SURFBOARDS 入荷しました!

IMG_3616

やっと、やっと、やっと入荷しました。

ARROW SURFBOARDSファンの皆様!

大変御待たせしました。

ショップサイトでのアップはまだですが、取り急ぎ、ブログに初期情報をアップしておきます。

いくつかのサーフボードは、かなり早い時点で決まってしまう可能性が高いです。

お見逃し無く!

ハイパフォーマンスロングボード&オールラウンドロングボードの主流素材EPSでのサーフボードが沢山入りました。

必ず!動きの良い楽しいサーフィンを約束してくれる性能を持っています。

ハイパフォーマンスは、バキバキハイパフォーマンスでありながらノーズライド性能が高いCJモデルと、クリティカルセクションでリップを縦に突き破り、切れたターン性能を発揮するJayモデル!

オールラウンドは、ライダーの体格に合わせられるようJosh Mohrモデル9’4と9’2サイズをEPSブランクでシェイプしました。

驚き推進力によるの滑り出しと、軽さによる取り回し易さ、を兼ね備えたずるいくらいのオールラウンド性能を持っているモデル。

また、ロングボードの神髄であるハングテンで長いTIP TIMEを可能にしてくれる、スペシャルノーズライダー”CJ NELSON NOSERIDER”も入荷です。

こちらは、重さもノーズライド性能に一躍買うので昔ながらのウレタンフォームでティントカラーです。

1本だけは、EPSのCJ NOSERIDERですが、とてつもない機能を持ったノーズライダーかもしれません。それも、EPSブランクスでティントカラーです。

今回入荷のサーフボードの価格については、今の為替レートや材料費アップなどの理由から今までのような価格が出せないことが、大変残念です!!!

しかし、その費用対効果は十分な性能を持っていますので、是非!ご検討下さい。

*CJ Nelson Noserider

・9’4 Th3 Classic Red Tint Color

・9’4 Th3 California Blue Tint

・9’4 Th3 Three Brown Tint

・9’4 Th2.3/4 EPS-Classic Yellow Tint

*CJ Nelson High Performance

・9’1 Th2.5/8 EPS Neon Yellow Brush+Carbon Tape

・9’1 Th2.3/4 EPS Light Blue Brush Rail

*Jay Moriarty Signature

・9’1 Th2.5/8 EPS Gray Brush Rail

・9’1 Th2.5/8 EPS Neone Yellow Brush Rail

*Josh Mohr Allround

・EPS 9’4 Th2.7/8 Jeans Light Blue  Brush

・EPS 9’4 Th2.7/8 Light Blue Brush

・EPS 9’2 Th2.3/4 Light Green & Grren Rail Brush

・EPS 9’2 Th2.7/8 Light Green Brush

 

 

 

 

 

メキシコ サンミゲル用シングルフィン ミッドレングス

20131216-081244.jpg

サンディエゴのピーターに削ってもらっているミッドレングスシングルフィンのシェイプが完了との連絡あり!
USブランクスで、センターストリンガー3/8T-Bandの3ストリンガーのカスタムオーダーブランクスを、ピーターイメージでのシェイプは、やはり想像通りのクラシックアウトライン!♪
あまり、ガンシェイプに寄って無いので、絶対乗りやすいと思う。
2月にサンディエゴでピックアップしてそのままメキシコで進水式〜初乗り!
パワーのある北うねりでかっ飛ぶことを想像すると、ニヤケてしまう☻
後は、クラシック感を更に増すようなティントカラー&グロスポリッシュで仕上げてもらおう。
待ち遠しい、、、この時間がカスタムサーフボードオーダーの醍醐味なのだ!!!