「モルジブ」タグアーカイブ

Maldives Surf Trip 2011.10.29~11.03 Vol.3

丸4日間3Rを繰り返す。

朝起きてコーヒー飲みながら波チェック

M-Trip002 SONY DSCそして、ストレッチ

M-Trip011

 

入るポイント決めて

M-Trip010M-Trip013M-Trip012

波に乗る、波に乗る、波に乗る

腹が減ったら、朝ご飯

2011Moldive074

サーフボード2011Moldive053ショート、フィッシュ、ロング合わせて13枚あるから、好きなの選んで波に乗る

M-Trip004

 

腹が空いたら昼食だ!
ランチ

シェフが作るご飯、結構美味しいんです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュノーケルでしばらく泳ぐ。魚を追いかける。もう少し天気がよければ、もっともっと透明度出るのに、ちょっと天気が悪い日が続く。

でも、急に晴れる♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERAチキン

んで、またまた波に乗ることにする。

2011Moldive054M-Trip008 M-Trip007 M-Trip006

乗って乗って乗りまくる…誰もいないので遠慮無し!♪

写真のサイズは小さいけど、たまにセット肩頭もあり、長く乗れる。

たまに、ハプニング!!!

SONY DSC

 

ドーニーで近く迄来て写真撮ろうと思ったら、急にビッグセット入って来て、転覆…頭を切る。

先生が手術道具持って来てくれていたので、4針縫って無事手術終了!♪

素晴らしい!サーフトリップにはお医者様が同行してくれていると心強い!

毎日、3R!へろへろになって、夕方の風呂タイム

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこんな感じ♪

夜は、持ち込んだ酒と話しで盛り上がる。

夜は更けて、魚を追う。SANYO DIGITAL CAMERA 2011Moldive071

 

眠い、、、zzz

そして、エンジンの音で目を覚ます。

4日間そんな日を過ごす!サーフィン最高!最高の仲間とのサーフトリップ最高!

この季節、確かに波はモルジブの本来の波では無いが、仲間と貸切ポイントを選べると言う点では、乗り放題で、潮と風のタイミングで良い波もある!波乗りしかやる事無いので、波に全てを合わせられるから良い波も乗れる。

良いかも、この季節も♪と思います。

また、近くこのメンバーでもう一度!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Maldives Surf Trip 2011.10.29~11.03 Vol.2

朝朝は日の出の少し前、エンジンの音と共に目覚める!

サーフポイントに移動しながら、昨夜バッグに入れっぱなしだったサーフボードのセッティング開始。

気持ちよい朝である♪

DSCF3478

10月末からの、モルジブはオフシーズンに入る。つまりこのトリップはオフシーズンのトリップなのである。一番のサーフシーズンは、5〜9月であり、4月と10月はたまによいスウェルが入るが、もう11月になると風が悪く天気も悪くなる…

波に当る事を祈りながらサーフボードセッティング!

2011Moldive007とりあえず、メインポイントのサルタンを目指す。

しかし、波は無く数人がラインナップしていたので、チキン&コーラを目指す事にした。

初日は、波が小さそうである…

コーラ チキン

 

上がコーラ、下がチキン(船の右億にわずかに見える波)をそれぞれ、ドーニー(小さなモーターボート)で波チェックに行く。

コーラは人が数人いるので、誰もいないチキンに入る事に。セットは腰程度なので、みな小波用サーフボードを持ってドーニーに乗り込む。

1R目だ♪

M-Trip008 M-Trip007 M-Trip006

なんだかんだで朝飯前の1R、2時間以上仲間6名だけで貸切だったため、結構楽しめるセットも入り距離も思ったより出る波を堪能♪

贅沢だね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA朝飯はアメリカンブレックファースト!船のデッキで、波の話しやライディングの話しなどでわいわい、コーヒー飲んでたっぷり腹一杯。

M-Trip005

 

遠くに見える、雨雲が近づく。モルジブの雨は半端じゃない!スコールは目の前を真っ暗にするくらいで、ルールで船からスコールが来るから上がれという指示が出たら必ず上がる事。上がら無かったサーファーがスコールが過ぎたら、いなくなっていたと言う事も結構あるらしい。それくらいの凄い雨と暴風が急にやってくるのだ。

SANYO DIGITAL CAMERAしばらく、船の中でゆっくりする。本を読む、ウクレレを奏でる、寝る,,,思い思いに時間を過ごす。

そうしているうちに、雨は通り過ぎる、そして太陽がやってくる。

PA304104そんなことで、昼飯前に2R目、今度はサルタンに人が居ないし波も小さいのでサーフボード&シュノーケルで入水。

波待ちの間に、、、ちょっと潜る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SONY DSC

 

潜る、波に乗る!を繰り返す。誰もいない、仲間だけの海で順番に波に乗る。だのしい〜

3時間たっぷりと…初日から飛ばしすぎると体が持たないぞと言い合いながらも来る波に乗る。

P1050046そして、昼飯!初日なので船酔いも出現、、、そのうち慣れる。

たっぷり食って、午後のラウンドに備える。

SONY DSC船をポイントに走らせていると、イルカの群れが一緒に走る。

3R目はコーラに入る事になる。

セットがたまに、頭サイズもあり、かなり楽しめた。

↓こんな感じ。

2011Moldive050 2011Moldive049 2011Moldive047 2011Moldive046 2011Moldive045たっぷり3R海に浸かり、ご機嫌な初日を終えた。

2011Moldive043コーラ島の裏側は船の停泊に適した場所なので、そこで今日は寝ることとなった。

SONY DSC 2011Moldive041 2011Moldive040 OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして、晩飯の確保!

2011Moldive063GTの子供、結構美味しい♪

あとは飲んで眠くなったら寝るだけ。サーフィン最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Maldives Surf Trip 2011.10.29~11.03 Vol.1

数年ぶりのモルジブサーフトリップ。

いつもの先輩、同級生の他、久しぶりに一緒に海外トリップの浜松の先輩、初めての鳥取の先輩と、鵠沼の後輩の6名でいつもの船を借り切って、一人一部屋の大人サーフトリップ。

まずは、成田で集合〜チェックインと旅の始まり楽しい時間…わくわくで皆ノリノリです。

M-Trip001 M-Trip002

航空会社はスリランカエアライン。週3便なのでスケジュールは航空便に合わせて設定が必要。サーフボードは普通の荷物として、TOTAL重さが25Kgを超えなければ大丈夫!僕は3枚(ショート、フィッシュ、ロング)持って行ったが、どれも軽いサーフボード(フィッシュ、ロングはEPSブランクス)のため問題なし!

午後一成田出発で、スリランカのコロンボ現地時間20時ころ着でトランジットモルジブ・マーレにつくのは21時過ぎ。

2011Moldive003

M-Trip004 M-Trip003

マーレは、降りるとすぐに船着き場。タクシーに乗って宿泊する船に移動する。勿論タクシーも船である。

2011Moldive005OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな船が停泊している、水深があるゆれないところを選んで停泊している。我々の船に乗り込み、ウェルカムドリンクのジュースをビールに変えてもらう。イスラム教なのでいきなり酒は出てこない。

R0012732

 

 

この廊下の左右に3部屋ずつあり、計6部屋。2011Moldive032部屋はこんな感じ!♪

2段ベッドで下のベッドの方が広いので皆下のベッドで睡眠。上は物置の棚に化す。各部屋、トイレ、洗面所付きなのだ。

SONY DSCSONY DSC

 

モルジブ考察

同級生と先輩、後輩と仲間だけで貸し切ったボートトリップ。
波はせいぜい頭半サイズでパワーもあまりないイージーなファンウェイブだった。
ポイントはサルタン以外はあまり良くなかったので、サルタン三昧だったが、とても良い波で、同じことを繰り返せるのでかなり練習になった。
特に最近乗っていなかったショートボード(5’10デブ板)の練習には最適だった。波がわかるので、きわどいセクションにとどまって、当て込めてロングライドできる。ロングとショートと取っ替えながら楽しめるので、同じサルタンでも飽きがこない。
モルジブに持って行くサーフボードは、日本の頭程度に乗るサーフボードがあればOKだと思われる。

マーレについてから帰る迄、ずっと海の上なので他にお金を使う事が無い。
モーニングコーヒー、朝食、ランチ、おやつ、ディナーと一泊$100に含まれているので食べ物の心配をする事も無い。
ボートも仲間だけで貸し切ることが出来るので、貸し切れる人数を集めると最高に気分良いボートライフを過ごすことが出来る。

お勧めです!

清算

船の飲み物は全て自己申告。
焼酎は持ち込みだが、いっさい課金されない。

<2007モルジブトリップ費用>
エアーチケット(スリランカエアライン) 約11万円
タクシー代往復             $40−
ハリアナ号               $100/1泊(4泊だから$400)
チップ                 $80(われわれ6名に対して5名フタッフ)
TOTAL:15万円程度

その他は、お土産、成田迄の交通費他がかかるくらい。

モルジブは、人数集まればかなりお得なサーフトリップ先で期間4日じゃ短いと考えていたが、1日3〜4Rのサーフィンだけなのでこの程度が集中できてちょうど良いのかもしれない。
僕的には1ヵ月じゃもたないが7日〜10日くらいなら全く飽きる事なく楽しめるな♪

ついでにスキンダイブ

モルジブはダイバーたちに人気の国である。
それだけ、水がきれいで珊瑚と魚の共存する海の中の世界を味わうことのできる良い場所らしい。
では、シュノーケルだけど潜ってみるか!
ということで、可憐との上流にボートで連れて行ってもらって落としてもらう。後は海の中をのぞきながら流れてくると、いつの間にかハリアナ号のそばまで来るというシステム。

曇っているので光が差し込まず凄い透明度を感じることが出来ないので残念であるがウミガメ、珊瑚その他の魚たちを満喫出来た。

画像は僕が撮った先輩

ファイナルラウンド

結局良い波だけの毎日のセッションを終えた。
モルジブの波のパワーとブレイクはとてもジェントルな優しいものだと感じた。
もっとサイズが上がってくると感じるエナジーも違ってくると思われるが、冬のハワイノーズショア、北カリフォルニアなどのノーススウェルのパワーと比べると安心してきわどいセクションを攻める事が出来るし、良い練習になる。
中級以上ならば、状況を判断して楽しめるサーフトリップ先であろう!